Windows XP SP2 セキュリティセンターについて


Windows XP Service Pack 2 をインストールすると再起動時に

「コンピュータが危険にさらされている可能性があります」と表示される様になります。

 

メッセージをクリックすると、"Windows セキュリティセンター"画面が表示します。


 [スタート]→[設定]→[コントロールパネル]→[セキュリティセンター]から開く事も出来ます。

 


■ファイアウォールについて

ネットワーク接続において、全ての通信を遮断する恐れがある厄介なプログラムと認識してます(笑)

ファイアウォール設定を無効にすると・・・

PCを起動する度にセキュリティセンターが常に「コンピュータが危険にさらされている可能性があります」と表示します。


:Microsoftでは推奨されていません。

あくまで参考程度で操作を行って下さい。

インターネットに接続出来ないネットワーク内のPCが見れないといった現象が発生した場合・・・

ファイアウォールを疑った方が宜しいかと・・・


Windows ファイアウォールを無効にする手順

1.[スタート]→[設定]→[コントロールパネル]→[Windows ファイアウォール]をクリックします。


 

2.[有効(推奨)]から[無効(推奨されません)]にチェックをすると無効となります。

 


■自動更新について

2005 4月現在 Microsoftは、インターネットに接続されてるWindows XPベースのPCに

強制的に自動更新を行う事を発表しています。

こちらでは、自動更新を無効にする手順を紹介します。

:Microsoftでは推奨されていませんが、後に自動更新を有効にする様に注意を促されるかもしれません・・・。

あくまで参考程度で操作を行って下さい。


1.管理者権限を持つユーザーでログインします。

2.マイコンピュータ上で右クリック→[プロパティ]をクリックします。

 

3.[自動更新]タブをクリックし、[自動更新を無効にする]にチェックを入れて[OK]をクリックして完了です。

 


■ウィルス対策

[見つかりません]と表示されている場合、各ベンダーが提供しているウィルス対策ソフトが

インストールされていない事になります。

 

下図は、[ウィルス対策ソフトウェアによるコンピュータの保護の詳細について表示します]を

クリックした際に表示されます。


最新のNorton、ウィルスバスターをPCショップやメーカーよりお得な値段で販売!!

 

セキュリティ対策に戻る









SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO